20170709弥陀ヶ原自然観察会

26会のイベント[弥陀ヶ原自然観察会]へ参加しました。
観察会と言っても堅苦しいものでなく、
リーダーのTさんの解説を聞きながら楽しい時間を過ごした。
しかし、中味は超充実しており見たことの無い植物や不思議な植物と出会い、
普段の下界の憂さなど吹き飛んでしまった。
弥陀ヶ原のカルデラ展望台への道はまだ雪が残っている。
いつものキヌガサソウはまだ雪の下のようである。
鳥のさえずり、澄んだ空気、少しの上り坂も楽しい。
展望台あたりはまだできたての春の雰囲気を残していた。
d0356065_01414683.jpg
d0356065_01420246.jpg


バス道路を歩く。
たくさんのテガタチドリ、ハクサンチドリ、ノビネチドリ、ベニバナイチヤクソウなどなど・・もっといっぱい。
シラネアオイもきれいに咲いており、木道を歩くと、チングルマのつぼみ、開花、果穂も見られた。
d0356065_01430769.jpg
d0356065_01422863.jpg
d0356065_01515259.jpg



d0356065_01410465.jpg

里山には里山の、高山には高山の、3000m級のガレ場にはそれにふさわしい生き物がいるんだよね。


[PR]

# by fo_ojjp | 2017-07-14 01:52 | 自然観察 | Comments(0)  

もうひとつのワーク

花に触ってから50年になる。たぶん。
好きか嫌いかということもなく、身の回りに花(植物)があり、
それを切ったり挿したりいじめたりするのは遊びそのものだった。
「再構築」(いけるともいう)という言葉を知ったのはずっと後になってから。
それは花でなくてもよかった。布や糸でもよかった。ひとり遊びできるからね。
楽器でも将棋でも本でも。

今は森や山を歩くのがとても楽しい。
あと何年、外であそべるんだろ。
楽しみは後にとっておかないで今やらなくちゃ。
d0356065_21282561.jpg
d0356065_21300640.jpg
d0356065_21284567.jpg
d0356065_21292898.jpg
d0356065_21280980.jpg

[PR]

# by fo_ojjp | 2017-06-30 21:40 | 徒然 | Comments(2)  

まだまだ続く 白木峰観察会


下山して大長谷温泉の近くのコテージ付近に ササユリが咲いていた。車を止め写真を撮る。
2枚の写真を見比べ面白いことに気が付いた。

【つぼみの状態の写真】受粉前だと思う。めしべがまだ短い。

d0356065_10184186.jpg
d0356065_10185050.jpg
【開花した写真】受粉後なのだろう、めしべが長く伸びている。面白いね。


d0356065_10192502.jpg
モウセンゴケ (=^・^=)
 同行グループの若者(男性)に「モウセンゴケは食虫植物、ネバネバで虫を捕えるんだよ。触ってみて~」
というと 興味を持ってくれたようだった。
「ほら触るとくっ付いてくるよ」「ほんとだぁ~!」体験は面白いし記憶に残るのではないかな。


d0356065_10191412.jpg
地衣類。ハナゴケの仲間でコアカミゴケ、のようである。

d0356065_10194417.jpg
お口直しに、、、、清楚なマイヅルソウ。ほっとするね。


[PR]

# by fo_ojjp | 2017-06-28 10:31 | 自然観察 | Comments(0)  

20170624白木峰の花

白木峰の8合目駐車場から管理道路(アスファルトの車道:但し一般車両は乗り入れ禁止)を歩いた。
写真を撮りながらのゆっくりペースがありがたい。
学芸員さんやナチュラリストの解説ではない、語り口が新鮮。こういう解説(お話し)の仕方もあるのだ、と参考になった。

写真はクルマムグラ。
d0356065_09485968.jpg


チングルマとイワカガミが仲良く。

d0356065_09484523.jpg
白木峰山荘(避難小屋)付近より高いところの植生は弥陀ヶ原に似ていると思う。高層湿原、池塘があることも似ている。


d0356065_09482631.jpg


ツマトリソウ。



d0356065_09480931.jpg


ベニバナイチヤクソウ。


ノビネチドリ、道端にいくつも見られた。葉の縁が波打っている。これがテガタチドリと違うところ。
d0356065_09474643.jpg



[PR]

# by fo_ojjp | 2017-06-28 09:58 | Comments(0)  

20170624 白木峰って

八尾のずっと奥、飛騨市との県境、北飛騨エリアに属する白木峰の自然観察会へ参加した。
ちょうど去年のこの時期に初めてここを訪れた。
ゼンテイカ、白木峰ではニッコウキスゲと呼ぶのだが、オレンジ色の星のような花が綺麗だったのを覚えいてる。
去年は開花が早かったのだそうだ。今年の見頃は7月に入ってからのようである。
舗道を歩く、道すがら里山で見る花、高山で見る花、グループのリーダーさんからお話を伺いながらゆっくり歩いた。

今は、ワタスゲがとても綺麗。写真のように池塘があり弥陀ヶ原の風景と似ている。
木道を歩く。風が心地よい。
d0356065_00275502.jpg
d0356065_00373139.jpg
浮島のある池塘。サンショウウオの仲間、トンボ、カエル、水はいろいろな生物の源。
晴れていれば立山連峰が望めるらしい。天空の池塘、ずっとここにいたい。
d0356065_00355821.jpg

白木峰の見所の一つニッコウキスゲ。
一日花、今日出会えるのはこの花。
明日になれば明日の花が咲く。
その潔さ、かっこいいと思う。
d0356065_00284930.jpg

池塘の周囲のワタスゲ、かわゆす。
ぽわぽわ(´-`).。oO 風に吹かれてぽわぽわ~ん。
d0356065_00364409.jpg


[PR]

# by fo_ojjp | 2017-06-25 19:51 | Comments(0)