2017年 07月 14日 ( 1 )

 

20170709弥陀ヶ原自然観察会

26会のイベント[弥陀ヶ原自然観察会]へ参加しました。
観察会と言っても堅苦しいものでなく、
リーダーのTさんの解説を聞きながら楽しい時間を過ごした。
しかし、中味は超充実しており見たことの無い植物や不思議な植物と出会い、
普段の下界の憂さなど吹き飛んでしまった。
弥陀ヶ原のカルデラ展望台への道はまだ雪が残っている。
いつものキヌガサソウはまだ雪の下のようである。
鳥のさえずり、澄んだ空気、少しの上り坂も楽しい。
展望台あたりはまだできたての春の雰囲気を残していた。
d0356065_01414683.jpg
d0356065_01420246.jpg


バス道路を歩く。
たくさんのテガタチドリ、ハクサンチドリ、ノビネチドリ、ベニバナイチヤクソウなどなど・・もっといっぱい。
シラネアオイもきれいに咲いており、木道を歩くと、チングルマのつぼみ、開花、果穂も見られた。
d0356065_01430769.jpg
d0356065_01422863.jpg
d0356065_01515259.jpg



d0356065_01410465.jpg

里山には里山の、高山には高山の、3000m級のガレ場にはそれにふさわしい生き物がいるんだよね。


[PR]

by fo_ojjp | 2017-07-14 01:52 | 自然観察 | Comments(0)