ツルアリドオシの不思議

ツルアリドオシはねいの里で見たのが初めてだった。
二上山や美女平、白木峰でも直径一センチにも満たない赤い実は「こっち見て~」と主張してくれた。
ツルアリドオシ(一両)、は「万両、千両、有りとおし」と言って、縁起のいい植物だそうだ。ちなみにヤブコウジは十両。


ツルアリドオシの実をよく見ると二つ離れて点がある。なぜだろう・・・とずっと思っていた。
花の写真を見てみた。
2つの花が同時に並んで咲き、根元が一つになっている。根元には子房がある。これが赤い実になるんだ。
2つの花でひとつの実。
花の痕跡がふたつの点としてあったのだ。
d0356065_09022622.jpg


かわいい、実はベイマックスの顔のよう。

d0356065_08592481.jpg


[PR]

by fo_ojjp | 2017-07-17 09:13 | 植物の不思議 | Comments(0)  

<< すみれの不思議 20170709弥陀ヶ原自然観察会 >>