20170528 またまた美女平(どんだけ好きなんだろう、お花)

ナチュラリスト26会での美女平自然観察会。ほんとうは野鳥観察がメインなんだけどね。チゴユリ君。ここを今日誰も通らなければ君たちを見る人もいなかっただろうね、こんなにきれいに咲いているのに。
d0356065_01011343.jpg


これは、教えてもらって初めて目にした「コケリンドウ」あまりの小ささに、思わずキャンディを比較するために置いてみた。拡大してみるとリンドウの花、そのもの。神様はとても器用だ。
d0356065_01003225.jpg

サンカヨウ、これもたくさん目にすることができた。サンカヨウのそばにはエンレイソウも多く咲いていた。あ、わらびも・・だ。
d0356065_00593118.jpg

ユキザサ、いくつか種類があるようだけど、、
d0356065_00583798.jpg

この葉は、、、ん?なんだべ?わかる人いらっしゃいませんか?サクラの仲間?葉の中央部の赤紫色はどうして?謎だ・・
d0356065_00581145.jpg



[PR]

by fo_ojjp | 2017-06-03 01:13 | 自然観察 | Comments(2)  

Commented by りんごの里から at 2017-06-04 00:29 x
こんばんは。
今、美女平は可憐な花がいっぱいなんですね。
葉の紫色の斑、ツノハシバミの新葉でしょうか?
拾われたアカゲラの羽見たかったな~
Commented by fo_ojjp at 2017-06-05 02:50
りんごの里からさん、ようこそ、ようこそ。
美女平は室堂や弥陀ヶ原への通過点、と思っていました。標高1000m、とても興味深いところですね。鳥も花もいっぱい!嬉しい!!ガイドしてくださる方がないととても行けませんけど。
愛鳥荘のすぐそばも行きました。中西悟堂の書があるそうですが、いつか見たいです。

ツルハシバミ、ありがとうございます。葉の中程の赤い色が気になったので。若葉なんですね。自然は不思議がいっぱいです。

<< 20170604称名滝解説当番 愛鳥週間の鳥見会 >>