愛鳥週間の鳥見会

愛鳥週間(あいちょうしゅうかん)とは、日本において野鳥保護思想普及のために鳥類保護連絡協議会が設けた5月10日から5月16日までの一週間である。バードウイークとも言う。(ウィキペディアさんより引用させていただきました)
今日は日鳥連さんとねいの里の合同企画、古洞の森でのバードウォッチングに参加させてもらいました。
集合場所でいきなり[ミサゴが見えるよ]と聞き双眼鏡を覗く。あ、見えた!松の木の上に巣がある。鳥が居る。そばの高い木にもミサゴがみえる。ミサゴは海の鳥だと思っていたけど里山に巣があるのね。(写真は撮れず、一眼レフはまだ怖くて使えてない)


黄色い花、君の名は?「うん、コナスビだよ、よろしくね!」
d0356065_00083126.jpg
d0356065_00081423.jpg

ヤブデマリに憩うアオスジアゲハ。
テーブル状のこの手の花は昆虫さんだれでもウェルカム。庶民的なスーパーマーケットのよう。白い装飾花に注目。5枚に見える花びら(装飾花)のうち、1つは小さくそのため蝶のように見える。
d0356065_00052931.jpg

d0356065_00062019.jpg




d0356065_00070684.jpg

写真下の緑の若葉は、ショウジョウバカマの不定芽。葉の先端が土につくと、そこから芽を出す。子孫を残すための作戦のひとつ。

開花後、種を飛ばすためにぐんぐん背丈を伸ばす。開花時には10cm前後だが、種をもつ時期には50cmほどにもなる。
その一方で栄養態の良い場所では不定芽を持ち、自分の周りに新芽でも増える。
少しでも遠くへ旅立たせる、また確実性を重んじ自分の周囲にも子孫を残す。
こう見えて策士なのである。




[PR]

by fo_ojjp | 2017-05-15 00:40 | Comments(4)  

Commented by ぜんち at 2017-05-15 01:59 x
今日はお疲れ様でした。
緑が濃くてあまり野鳥は見れませんでしたね。
最期の坂がきつかったです。
Commented by fo_ojjp at 2017-05-16 01:14
ぜんちさま
BWの情報いただき参加することができました。ありがとうございました。お天気もよく爽やかな日でしたね。葉が茂ると鳥は見つけにくい、、、実感しました。
もうひとつの探鳥会の方も盛況だったようです。(T堂さん情報)
Commented by りんごの里から at 2017-05-16 01:16 x
こんばんは。
昨日はお疲れさまでした。
コナスビありがとうございました。
鳥さんは恥ずかしがって顔を見せてくれなかってちょっと残念でしたね。
Commented by fo_ojjp at 2017-05-17 01:28
りんごの里から先輩、拙いブログへようこそ、ようこそ。
鳥さんの声はたくさん聞こえてきましたね。
私はまだ全然聞き分けられません(泣)。
どのあたりから聞こえるのかもあやしいです。
ミサゴの巣が大きいのに驚きました。
せっせと巣材を運んだのですね。

コナスビはほかのサイトで写真を提示し、教えてもらいました。

<< 20170528 またまた美女... 大型連休最終日 ねいの里のバー... >>